安定

窓際にある棚

不動産投資が他の投資と大きく異る点は、収益物件を利用して、賃貸料を得ることができるという点です。
賃貸料は、長年、安定した収入源になる可能性を秘めています。

・安定収益
不動産投資の中で、賃貸料(インカムゲイン)は、他の投資にはない特有のものです。
株式投資などでは、配当金を得ることもできますが、あまり大きな金額にはなりにくいといえます。
収益物件として、アパートやマンションを所有していれば、一部屋ごとに賃貸料を得ることができます。
賃貸料は、賃借人がいる間は利益を安定して得ることができます。
ミドルリスク・ミドルリターンな投資です。
リスクとしては、空室や老朽化による取り壊しが必要になることがあります。
安定した利益を得るためには、立地、将来性、収益率を考慮して、長期的な計画をする必要があります。

選び方

赤いクッション

不動産投資をする際には、収益物件の選び方が重要なポイントになります。
選び方を知っているか知らないかによって、不動産投資の成功に大きく関わってきます。

・立地条件
不動産を選ぶ際の最も重要なポイントは、立地条件です。
賃貸料(インカムゲイン)であれ、売却益(キャピタルゲイン)であれ、不動産を利用する際は、立地条件が収益に大きく関わってきます。
立地条件としては、JR、地下鉄、電車などの益から10分圏内にあるだけで、不動産の価値が高くなります。
また、近くにスーパー、大学、役所、商店街、医療機関などの施設が揃っていることも重要です。
不動産の価値を高める立地とは、人が住みたい、利用したいと思う条件を提供できる立地のことをいいます。

・将来性
収益物件を選ぶ際は、将来性にも注意する必要があります。
特に、事業予定地、大きな空き地、駐車場などは将来大きく変化する可能性があります。
大規模な施設ができたり、開拓が進むことで不動産価格が大きく上がる可能性があります。
逆に、立地条件が、今現在よくても、廃れていく可能性も考慮する必要があります。
また、中古物件は、老朽化のことも考慮する必要があります。

・収益性
投資をするからには、収益が持続的に確保することができる物件を選ぶ必要があります。
すべての物件が、都会の便利な場所にあればいいというわけではありません。
都会を好む人と同時に、田舎暮らしを好む人もいるためです。
収益は、客観的に図ることのできる指標であり、収益物件選びの重要な要素の一つです。

条件

計算機を打つ

不動産投資で、収益物件を探すには、良い物件の条件を満たしている物件を購入する必要があります。
収益物件は、数年間の安定した収入のために、良い物件を選ぶ必要があります。

・良い物件
良い物件の第一条件としては、適切な価格であることです。
建物の購入金額が高くなりすぎると、投資費用を回収するのに長い時間がかかってしまいます。
そのため、回収期間と、手持ちの資金などを参考にして、購入する必要があります。
中古物件にするべきか、新築物件にするかも、資金を中心に考えることができます。

新築物件は、初回入居時のみには、新築としての価値があります。
それ以外だと、中古物件を利用したほうが、メリットが大きいといえます。
ただし、適切な価格で購入する必要があります。

良い物件として、耐用年数も重要なポイントです。
中古物件は、長期で収益物件として利用できるとは限りません。
長期間、収益物件として利用できる物件が良い物件ということができます。